遮断呆人,星球大战

作者:新葡金-澳门新葡亰官方所有网站-欢迎您    发布时间:2020-01-03 00:01    浏览:173 次

[返回]

新葡金 1

新葡金 2

新葡金 3

新葡金 4

转自:どろぼうひげの製作記我:遮断呆人X-WingRED1到位画像澳门新葡亰官方所有网站,ModelGraphix誌 2017.02 No.387へ掲載して頂いた、1/72 Xウイングスターファイターレッド中隊仕様 スペシャルセット の完毕画像です。まずは1/72X-Wimgからです。ローグワン仕様のX-Wingは、独特のカラーリングと、特徴的なデカールで再現されています。特にデカールは、今までは無かった文字の様な特殊なマーキングが多用されており、ローグワンのX-WINGを再現するための、重要なキーアイテムになっています。今回はデカールはマーキングと重なっている部分のみに使用して、ほぼ塗装で仕上げています。汚れているけど、白い機体を維持して、CGの様な仕上がりを目指しました。PICマイコンを内蔵し、コックピットには交互作用点滅する赤と緑の光を、そしてエンジンはピンクで高速に明減させて、噴射の様子を再現しています。ドロイドも、自動的に色が変化するLEDを使って、3個のカメラアイを電飾しました。実際の点灯の様子を、動画にしてみましたので、是非ご覧下さい。機体には、汚しの他に塗装の剝がれも再現しています。大きな剝がれが無く、パネルラインに添った細かい剝がれを書き込んでいます。機体はベースから取り外しも大概で、機体上面の様子も楽しむ事が出来る仕様としました。続いて、1/144のX-WING RED1です。繊細なモールドで、1/144とは思えない解像度です。こちらも、ほとんどを塗装で仕上げています。塗装は1/72と同時進行で進め、効率良く作業しました。キャノピーを開口して、コックピットを作り込み、コンソール等を電飾しています。エンジンも高速明減させていますが、流石に機体内部には収まらないので、ベース内に回路を組んでいます。小さいけど、とても作り応えのあるキットだと思います。ディテールはしっかりしているし、小さくて安価なので、機会があれば、ジオラマでも製作してみたいですね。

欢迎您,转自:どろぼうひげの製作記作者:遮断呆人VM Y-WING 达成画像新葡金,HobbyJapan誌 2014.12 No570 へ掲載して頂いた、ビークルモデルY-WINGの达成画像です(^^State of Qatar/相変わらず10センチ程度のマイクロキットに、驚愕のディテールが詰め込まれていますね。メカフェチとして、Y-WINGは大好きなビークルです今回は3機使って、エピソードⅣのクライマックス、トレンチの进攻和防守戦の様子をジオラマ化しています。Y-WINGは、GOLD中隊として3機編成でトレンチへと突入しますが、ベイダーによって撃墜され、作戦は失敗に終わります。そのワンカットとして、GOLD2が撃墜された弹指間の様子を製作してみました。トレンチの壁や床は、バンダイの過去リリースキットに付属してるベースを並べて製作してみました。元々の造型が素晴らしいので、ただ並べて塗装するだけで雰囲気バッチリです(^^卡塔尔(قطر‎/もちろん、電飾も加えています。先頭はGOLD5です。こちらは如今になって細部の資料が発見されましたので、大概な限りキットに反映させています。次はGOLDリーダーです。こちらはキットのまま製作すれば、GOLDリーダー機になります。最後尾はGOLD2です。志半ばにして、ベイダーによって撃墜され、バラバラになってしまいました(-_-卡塔尔国GOLD2は派手にやられています。透明ランナーを軸に、切り刻んだ機体をレイアウトしてから、3個のLEDを取り付け、手芸用の綿で包んでいます。綿が光を拡散してくれて、写真に撮るとマズマズの迫力になってくれました(^^劇中では、流れる様なスピード感のあるやられっぷりですので、似たような配置で再現してみました。ベースの意气风发部が分離します。ベースのパネルのひとつがスライドして分離大概です。この中に9Vの電池が内蔵されており、取り外すと自動的に電源が切り替わって、このミニベース単体でも電飾が光り続けます。元々の電源としては12VのACアダプタを使っていますが、電源が9Vに変わっても問題ないのは、CRDのおかげです(^_^*卡塔尔(قطر‎GOLDリーダー機です。キットのまま製作すれば、GOLDリーダー機が完结します。今回はシールを一切使わず、全て塗装で表現しています。配管類も、风华正茂体成型によって板状になっている部分を削り取り、真鍮線に置き換えました。偏侧版周辺のディテールも、かなり改修しています。GOLD5機です。こちらは最新の検証を反映させて、出来るだけ再現してみました。配管を真鍮線に替えたり、塗装も全て塗りワケてみました。パイプが全てブラウンだったり、パネルの色分けがあったりと、見応えがあるビークルですね。どちらの機体にも、電飾を仕込んでいます。コックピットのキャノピーを開口して、コックピットを作り込み、電飾を加えています。パイロットも作り分けてみたのですが、ほとんど見えなくてガッカリです。GOLDリーダー機の後ろからのショットです。エンジンには3ミリのピンク色LEDが余裕で収まるので、電飾を楽しむにも良いキットですね。どちらも支柱から取り外して、ミニベースで単品として楽しむ事が大概です(^^GOLD5機です。エンジン光は抑え気味にしてあり、後ろの機体をピンク色に照らさない本事をしました。まぶしい程発光させるより、もっとリアルなエンジン光になってくれたと思います。最後に、2機の比較です。パイピングのやり直し、細部の改修によって、見応えのある文章になってくれたと思います。もちろん、電飾や改修なんてしなくても、充足に楽しめるキットだと思います(^^卡塔尔(قطر‎/3機集めて、GOLD中隊を作るのも悪くないですよね

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人バンダイ A-WING 完结画像ModelGraphix誌 二零一六.07 No.380 へ掲載して頂いた、バンダイのA-WING 完毕画像です。今回もほとんどいじるところが無いという、ライター泣かせのキットです(^_^;卡塔尔(قطر‎細部のディテールアップと、単なるオマケとは言えないクォリティのターボレーザーに注力して製作しました。今回はフクイさんとの共作であり、2種類あるプロップを作り分けるという、他誌では見られない贅沢な作例となりました。A-WINGは、パイロットの改动、コックピットとエンジンの電飾、細部のディテールアップを、ターボレーザーは過去キットのデススターパネルと組み合わせてベースに仕立て、モーターライズで砲塔を旋回させてみましたフクイさんの文章は、パネルの色違いの他、ダメージ有りの尾翼とのコンパチ化、更には建設途中のデススター表面のジオラマになっている力作です。とても見応えのある内容になっていますので、ぜひ紙面でもご確認下さい(^^State of Qatar/さて、まずは全体の様子です。ターボレーザーを活かして、ベースはデススターの様子を再現してみました。A-WINGは斜め上趋势に配置して、スピード感のあるレイアウトにしています。後ろからの様子です。ベース内部には9V電池を内蔵しており、ACアダプタとのハイブリッドです。A-WING自体もコネクタで接続されており、取り外し只怕となっています。本体のアップです。キットは色違いの部分が巧にパーツ分割されており、塗装はメッチャ楽です。プロップの、微妙に黄ばんだグレーと深いレッドのコントラストがおめでたいですね。パネルの色分け部分も、塗装で再現しています。A-WINGは、今まではmpcの古いキットしか無く、ちゃんとしたA-WINGにするだけでも大変苦労していましたが、組んだだけで完璧なプロポーションが手に入るとは、ファンとしては嬉しい限りです。電飾を点灯させてみました。エンジンとコックピット、それにターボレーザーがランダムに発砲しています。特に、エンジンは、かなり明るく発光させました。キットでは、エンジンにクリアーパーツが採用されており、内部の空間にも余裕がある事から、電飾がやりやすい部分になっています。エンジンの延長にあるリングは、キットのパーツではちょっと厚みがあり過ぎると感じたので、薄く削り込み、内側のフィンをプラ板で追加しています。コックピットのアップです。プロップのパイロットは、キットに付属するフィギュアよりも頭がだいぶ大きいので、他のキットから1/48フィギュアの頭部を移植しています。ヘッドギアも、プロップに合わせてパテで造型しています。コンソールのメーター類も電飾してみました。光ファイバーを使って、メーター類を電飾しています。赤いランプの部分は、細いファイバーの先端を赤く塗装する事で再現してみました。他にも、プロップと同様に、足元から顔を照らす照明も追加しています。実際のプロップでも、パイロットの顔を照らす照明が入っているので、それを再現してみました。また、背面に付いている機器も、キットのままでは立体感が不足していると感じたので、自作した機器に置き換えています。今回はデカールが間に合わず、マーキングは塗装で表現しました。実際には、もっと複雑なマーキングですので、キットが発売されている現在では、素直にデカールを使用した方がよろしいかと思います。赤い某个にはホワイトを薄く吹いて退色表現を加えた他、細かいキズや汚れを描き込んでいます。ターボレーザーです。このキットのもうひとつの主役です。ちょっとパネルラインが太過ぎる気がしますが、プロポーションは最高です。特に、砲塔部分を、ここまで再現したプラキットは初めてではないでしょうか。今回はこちらのターボレーザーにもスポットを当て、非常低速モーターを組み込んで、ゆっくりと旋回しながら発砲するギミックを追加してみました。この動画を見れば、どんな仕掛けで動いているのか、ご精通頂けると思います。ベースには、ターボレーザーの他、バンダイから過去に発売されたキットに付属していた、デススターパネルを並べてみました。今回のA-WINGには、左臂前のパネルが付属しています。これからも、もっと増えてくれると嬉しいですね。今回も大変楽しく製作させて頂きました。毎回、とても完结度の高いキットをリリースしてくれるバンダイさんには、今後のラインナップにも期待せずにはいられません。

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人VF-31J+フレイア 达成画像HobbyJapan 2015.11 No.569 に掲載して頂いた、VF-31J with フレイアの实现画像です(^^卡塔尔国/マクロスエリシオンと黄金时代緒に掲載して頂きました。マクロスデルタの戦闘機は、メカコレシリーズでも次々と発売されていて、コレクションするには最適ですね。今回はその中から、生机勃勃番最早に発売されたVF-31Jジークフリードを製作させて頂きました。エンジンの発光に加え、コックピットも電飾しています。更に、フィギュアライズバストシリーズから、こちらも蓬蓬勃勃番开始的豆蔻梢头段时期にリリースされたフレイアを組み合わせ、イメージモデルとして仕上げています。ルンはホワンホワンと明減しますが、VF-31Jの機首センサーと連動しており、二个人の気持ちが通じ合っているニュアンスを表現しました。画像は全て1280ピクセルで掲載しております。クリックで拡大表示されますので、お楽しみ頂ければ幸いです。まずはVF-31Jからです。キャノピーのパーツをUVレジンで複製し、コックピットをちょっぴり作り込んでいます。センサー部分にはピンク、コックピットには栗褐のチップLEDを内蔵させました。コックピットの電飾は、橄榄黄のチップLEDだけでは暗かったので、後方から3mmの北京蓝LEDを追加しています。クリアーレジンにはイエローを微量に混ぜていたのですが、あんまり良く判りませんね(^_^*State of Qatarエンジンも発光させています。こちらは3mmのピンクLEDが収まりますので、比較的簡単に電飾できる部分だと思います。今回はPICマイコンを使って、高速に明減させて噴射の様子を表現してみました。機体下边も塗装しています。キットには再現度の高いシールが付属していますが、上面は用意されておらず、真っ白になります。とりあえず塗装してみましたけど、正確な資料を見て描いたワケではないので、間違っているかも知れません。真っ白よりはマシになったかな?って感じです。続いて、フレイアです。今回は付属のシールを使わず、全て塗装で仕上げました。かなりの部分が筆塗りになりますので、正直メンドクセーのですが、やはり塗装してあげた方が仕上がりは良くなると思います。ルンピカ!ですルンの部分にチップLEDを仕込み、マイコンでゆっくり明減させています。しかも、ルンの発光とVF-31Jのセンサー部分の発光が同不常候していて、二位の想いが通じ合っていることを表現しました(^_^*)口の中を造型しています。キットでは、口はピンクのフタになっていますが、生命力を感じないので、パテで口の中を造型しました。フレイアらしく、元気良く歌っているイメージになったと思います。最高の組み合わせになったかなフレイアとハヤテ機の組み合わせは、ベストマッチだと思います。数々の困難を乗り越えて絆を深めていった、二人のイメージが蘇りますねぇ(^_^;)マクロスデルタのファンとしては、とても楽しんで製作する事が出来ました。また機会があれば、別の機体やワルキューレの面々も製作してみたいです。

搜索