扎古加农

作者:新葡金-澳门新葡亰官方所有网站-欢迎您    发布时间:2020-01-02 22:12    浏览:139 次

[返回]

澳门新葡亰官方所有网站 1

澳门新葡亰官方所有网站 2

澳门新葡亰官方所有网站 3

澳门新葡亰官方所有网站 4

转自:modelers-g作者:tannu描述:RE1/100 ナイチンゲールを自分好みに改修してみました。脚を取り外しタンクを二本取り付けてある仕様の他、さまざまなディテールアップをしています。欢迎您,タグ: ナイチンゲール澳门新葡亰官方所有网站,キット: RE1/100 ナイチンゲール

新葡金,转自:ameblo.jp作者:ken16w**MS-06K ZAKU CANNONHGUCザクキャノンモデルグラフィックス2018年4月号にて掲載された作例となります。

转自:modelers-g作者:adamantium描述:初期のMGキットとしては非常に完成度が高いキットですが、今見ると少しディテールが寂しく感じたので、スジ彫りなどのディテールアップを中心に改修作業を行いました。タグ: ドムキット: MG ドム改造パーツ(1): プラ棒、メタルパーツ類プロポーションは特に文句無しだったので、ディテールの追加が改修の基本となっています。全体的に太いプロポーションのため、大きく動きませんが、腰を軽く落とすだけで重量感が出ます。背部スラスターがそのままでは少し寂しかったので、メタルピンを埋め込んでいます。古いキットなので手のひらに武器固定用のピンなどはありませんが、5指可動の腕部が柔軟な保持を見せるため、武器は持たせやすいです。手が元々大きい設定のためか、5指可動が優秀で表情を付けやすいです。

转自:FC2作者:matRE/100ビギナギナ公開RE/100ビギナギナ完成しましたクロスボーンガンダムの意匠を入れながら、ビギナギナの女性らしい姿を意識してベラロナ専用機としてのスペシャル感を強調して仕上げました。ではどうぞー!今回もっとも特徴的な頭部意匠の変更ですが、額のドクロレリーフとアンテナを追加し、RX78系のフェースを移植しました。これで雰囲気が劇的に変わったはず。 その他クロスボーンガンダムの意匠をMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植し、取り入れてます。例えば肩や胸部のフック状のディテール例えばショットランサー!例えばザンバスター!ザンバスターはビームサーベルへの展開もできます。もう一つの特徴はカラーリングです特に右足側面のグラフィックは「クロス」をモチーフとしています。女性型のMSということで華やかさを演出したいという狙いもあります。そうそう、ショットランサーは背面のバックパックにネオジム磁石でマウントできますこんな感じで、ショットランサーをいろんな角度でマウントできますBefore-After比較画像プロポーションについては首を短縮、胴を延長して寸詰まり感を解消しています背面のスラスターの位置はしたすぎるように感じたのでバックパックごと上方にシフト曲面の多いデザインなので、なるべく凹凸をつけるディテールは施さず、ユニット間のつながりや流れを重視しました女性型のMSであるビギナギナは曲線を生かしたシルエットが特徴的ですが、今回はモモを視覚的に延長、ボリュームアップし、腰からのつながりを強調しました。キットのままだと横ロール可動の関係でホットパンツのようにも見えてしまいますのでなんとか改修したかった部分ですまた、胴からモモに繋がる部分にアーマーを新造して、モモと腰の断絶感を解消し、なだらかなつながりを表現。頭部から胸、胴にかけては見所が多いのです。フェースの変更の他、襟の新造、胸上部のブレードアンテナ、センサーを新造、クロスボーンガンダムからフック状のディテール移植、胴のフレーム新造、脇腹のアーマーを分割などなど今回は市販のエッチングパーツをノズル部分に使ってみましたふくらはぎのスラスター内部や、、肩のノズル部分にも背面スラスターのノズル内部にもエッチングパーツをセットしています■武器類についてビームライフル長さを延長、センサーディテール追加握り手は市販パーツを固定。しっかりトリガーに指をかけています(画像上がキットパチ組み、下が改修完成品)ビームランチャーの握り手は市販パーツを固定。ショットランサーをMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植バックパックへのマウントはネオジム磁石によるものなので角度を変えて背負わすことができます握り手はキット付属のものを使用。グリップから取り外し可能ザンバスターもMGクロスボーンガンダムX2Ver.Kaから移植握り手は市販パーツを固定。■付属品について高級感のあるアクリル製のディスプレースタンド付属その他の付属品は上記の通りですキットのビームサーベルは2本付属します。撮影用のアクリルブロックや透明アーム、比較画像の同キットは付属しませんビームサーベルのブレード部分、ビームシールドは塗装済みです■制作途中はこんな感じ各部の肉抜き穴をパテ埋めしていますパテによる胸やモモのボリュームアップや、ひさしの角度変更、胴の延長といった改修は真っ先に行いました恐る恐るクロスボーンガンダムの意匠を紛れ込ませている段階細部を詰めている段階ショットランサーにぐるっとブレードアンテナを植えているのは女性型MSとしては手元に華やかさがちょっと欲しいなと思ったから■劇場版ビギナギナも作った設定通り、キット状態の劇場版デザインのビギナギナの頭部と胸部上部の部品も作成しました目のバイザー部分と頭頂部前後のセンサー部にはホログラムシートをセット額のマークはMGクロスボーンガンダムX2Ver.Ka付属の水転写デカールです今回各部のマーキングは仕上げ屋さんのSystemMarkingN2を中心に使用しました。発色良くって貼りやすいいいデカールですキット付属のビームライフルとビームランチャーはこちらの方が合いますねで、ド直球のお約束のポージングもうこのパッケージのポージングで撮りたい、ガンダムフェースにしたい、ショットランサー持たせたい、というモチベーションで制作していたので、もうお腹いっぱいと言いますか、やりきった感はすごいです。元画像は言わずと知れた旧1/100ビギナギナのキット、開田裕治氏による超傑作パッケージ。一連のMSVキットのパッケージアートと同様長年胸に刺さっておりました。で、これで、自分なりのやり方で、またひとつ昔刺さったトゲを抜くことができたんだよ。それにしてもこのパッケージアート、ほんとにかっこいい、、。いつも最後まで見ていただいて感謝です!




さすが日曜日だけあってTLが賑やか!今日の夜からこれやり始めますよ。シナンジュで試したこと色々上手くいったしその分の自信はあるけど、これ長期戦になります。おはようございますー。ナイチンゲールさん、バインダーの既存位置が気にいらないので、ぐいっと後ろにやってます、バインダーは胴体に差し込むだけなんで関節がありません、ぐいっとやりたい場合は要加工。改修作業スタート!朝から黙々と作業しまして、休憩。オーバーフェンダーみたいな部分にリベット打ち込みたくなるね、しないけどおはようございます。プラ角棒が切れちゃったので頭部のスジボリやったんですが、気分的にスッキリしないんでパテ盛ります。ここ12日くらいの作業具合おはようございます、朝はプラ板カットしていました。帰ったらファンネル付近やるよーなかなか作業が進まないけども、ナイチンゲールとりあえずサフ吹きました。当然、傷や継ぎ目の処理ミス的なものを発見するので1つずつ埋めるなり削るなり解決していきます。足なんていらないんだ台座作るなりもうごちゃごちゃしとる塗面すら悩んじゃってる。台座もとりあえず形になったので、傾かないか乗せてみました。とりあえず全体像はこんな感じに、発狂傷埋めカーニバルを経て塗装塗り分けは毎度お馴染みですRE 1/100 ナイチンゲール完成しました。

HGUC ザクキャノン 皆さまご無沙汰しております。先日、静岡で開催されたテケフェスに参加してきました。が、その模様は他の方に任せるとしてモデルグラフィックス2018年4月号に掲載されたザクキャノンの製作記事を書かせていただきます。製作イメージは古き良きMSV時代のザクキャノンではなくガンダムUC.ep4に登場した、カトキハジメ氏の描いた最新版ともいえるザクキャノンですより設定画に近づけるために、HGUC F2ザクを使用しミキシングにて製作しました。改修記事詳細■頭部□F2ザクを使用、頭頂部のトサカ、アンテナはザクキャノンの物を使用。□全方位にあるモノアイスリットは切り欠いて表現。□モノアイレールは楕円に延長し切り欠いたモノアイスリットから覗き込んだときに違和感の無いように。□特徴的なクチバシはプラ板を使用しスリットを製作。□ホホのラインはプラ板で形状変更、ダクトは掘り込んで表現。■胸部□ザクキャノンのコクピットハッチと胸部外装の前面部をF2ザクの胸部ブロックに貼り合せて使用結果、テストタイプよりも胸部幅が狭くなりよりスタイリッシュなプロポーションが再現できる。□ダクトフィンは削り込んでシャープにしてある。■腰部□スカートアーマーはプラ板で延長、フレアもプラ板を貼り付けサイドにボリュームを増している。□胸部との接続部はプラ板をクサビ状にして挟み込むことにより腰の入った立ちポーズが決まりようになる。□股間ブロックは取り付け位置にプラ板を挟み1mm下げ□股間軸は片側1.2mmほどスペーサーを挟み股間幅を調整、より力強く踏ん張ったポージングが決まるようにした。■腕□シールドは取り付け基部をF2ザクから移植、取り付け位置も見直し□腕はHGUC No196 MS-07Bグフの物を使用□拳はSEEDザクウォーリアー用HDMを使用□市販ディテールアップパーツを使用し手首をカバーするパーツを製作■脚□腿はF2ザクの物をベースにプラ板を巻きつけ、ポリパテでなだらかに成型し四角い形状を再現□特徴的なフクラハギは、最初にプラ板で囲いを作り分割されたダクトを製作、形が出来上がったらポリパテを盛り付けラインをなだらかに繋げた。□フクラハギ上部にあるダクトはプラ板で製作、ダクトフィンは市販のスリット入りプラ板を使用□ヒザアーマーはエポキシパテで新造□動力パイプはキットの物をジャンクパーツを使い延長して使用している。□スリッパは爪先にプラ板を貼り付け角ばった形状に成型、タガネを使用しサイドのダクトを表現□膝間接は干渉部を削り込み、より鳥脚になるように■腰、腕にあるハードポイントには、友人のコボパンダ君の製作した精度の高い極小ラッチディテールパーツを使用させて頂きました。■バックパック□ジョイントのダボを新造□ステーの肉抜は埋めてディテールを追加■最終改修形状■完成画像■カラーレシピ□ベージュガイアNo217 PS30219 タン + ホワイト + イエロー□ブラウンガイア バーチャロンカラー45 山焦茶 + ガイアNo216 PS34102グリーン + ガイアNo217 PS30219 タン + イエロー + ホワイト□ダークグレーNo75 ニュートラルグレーV + ガイア バーチャロンカラー45 山焦茶 + ホワイト□ホワイトバーチャロンカラー01ウォームホワイト + ガイアニュートラルグレー2 + ホワイト■デカールメインにガンダムデカールHGシナンジュ用を使用

搜索