遮断呆人,齐格弗里德芙蕾雅

作者:新葡金-澳门新葡亰官方所有网站-欢迎您    发布时间:2020-01-02 20:04    浏览:98 次

[返回]

图片 1

图片 2

图片 3

图片 4

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人VMファルコン 完结画像HobbyJapan誌 2017.02 No.572 へ掲載して頂いた、ビークルモデルミレニアムファルコンの完结画像です(^^卡塔尔(قطر‎/今まで数々のSWメカをラインナップしてきたビークルモデルですが、ついにミレニアムファルコンがキット化されましたね!(^^組み立てが簡単なのに超精密なディテール、コレクション性の高いサイズと価格で、多くのSWファンを魅了しております。今回は定番の電飾に加えて、細部のディテールアップを施し、更にEP.Ⅳの名シーンであるモスアイズリー航空港からの緊急発進のシーンをジオラマで再現してみました。また騒がしい宇宙游览の始まりです(^^ファルコン本体は、シールを使わずに全て塗装で仕上げています。ブラックから立ち上げることで、均黄金年代ではない「くすみ」を持ったグレーに仕上げています。パネルも薄いグレーと濃いグレーをランダムに重ね、プロップが持つふわっとした塗装を表現してみました。スミ入れはパネルには薄く、メカ部分には濃く、濃度を使い分ける事で、視覚的な立体感を増加させています。汚しはスポット的に加え、白い機体を維持しつつ汚れている状態をキープさせています。レーダーは架台を作り直しました。キットでは风流倜傥体成型となっていますので、架台部分をプラ材で作り直しています。また、EP.4のファルコンは、船体から直にリングが出ている形状をしていますので、パテで段差を埋めています。後ろから見た時、この部分はとても目立ちますので、オススメの工作ポイントです。コックピットを作り込みました。キャノピーをくり貫き、コックピット内部を自作してハンとチューイを乗せ、電飾しました。かなり小さいのですが、乗り物のコックピットは見せ場のひとつだと思いますので、頑張って電飾までしちゃいました(^_^*)内部はほとんど見えないと思いますが、とても達成感のある改造ポイントです。配管類は一部を置き換えています。成型の都合で、配管が板になっている部分が数箇所ありますので、伸ばしランナーの配管に置き換えました。ついでにパネルの裏も掘り込む事で、薄い装甲が表現できますので効果は絶大です。ただ、繊細なモールドをキズ付けてしまう事もありますので、本当に必要な部分だけに絞った方が良いかも知れません。エンジンは強力に発光します。キットにエンジングリルのパーツは付属しているのですが、そのままでは綺麗な発光は難しいです。思い切って、半透明の結束バンドに置き換えてしまい、見た目のディテールと発光を両立させてみました。チップタイプのアイスブルーLED6個相当で、強力に発光してくれます。裏表の様子です。こんなに小さくても、塗装の手間は同じです(^_^;卡塔尔国塗りワケやダメージ痕など、参谋になって頂ければ幸いです。かなり汚れていますけど、白い機体であることをキープする事と、全体的にカッチリした塗装では無く、ふわっとした感じに仕上げるとファルコンっぽい感じに仕上げられると思います。ベースは94番ドックの周辺を再現してみました。このファルコンが三本脚という事で、EP.Ⅳの名シーンである、モスアイズリー航空港の94番ドックから急発進している様子をジオラマで再現してみました。街はプラ材の他、台所用品や文房具などの、様々な材质を使って製作しています。砂地はメディウムに重曹を加えたもので質感を出しました。賑わう街の様子です。二分之豆蔻梢头50フィギュアを配置したり、露天商を作ってみたりして、活気のある街の様子を再現しています。フィギュアを置く事で、ドックの大きさや生活感を表現しています。ドック内部も、出来るだけ再現してみました。ドック自体も、紙製のギフトボックスを利用して製作しています。影像から拾えたものは全て再現しましたが、死角になっている部分も想像で作り込んでいます。お粗末ではありますが、慌てて後を追うトルーパー達も、伸ばしランナー等で自作して追加しました。底にある照明も発光させています。長年、作ってみたかったシーンを、やっと作る事が出来ました。このシーンは大好きで、いつかジオラマで作ってみたかったのですが、今回キット化されたEP.Ⅳ版のファルコンで、ついに実現できました(^^もう少し街を大きく作りたかったところですが、ファルコンのサイズから比較すれば、ちょうど良かったのかも知れません。ジオラマで作りたいシーンは、まだたくさんありますので、機会があればまた作ってみたいです。こんなに小さくて安価なプラモデルで、こんなにも楽しむことができるなんて、ありがたい事ですね(^^

转自:どろぼうひげの製作記作者:遮断呆人ナデシコ实现画像HobbyJapan誌 2017.06 No.576へ掲載して頂いた、ナデシコの完成画像です。※画像はクリックする事で拡大表示されます。电视机放送から20年以上の月日が流れましたが、今でも多くのファンに协理されている「機動戦艦ナデシコ」を、こうしてプラモデルとして製作できるなんて、良い時代になったものですね。製作当初は、エンジンと艦橋を電飾すればOKだと思っていましたが、パッケージイラストを見ると、たくさんの光が点灯しているではありませんか(^_^;State of Qatar1/1500というサイズでは、再現するのに限界がありますが、出来るだけたくさんの光点を作ってみる事にしました。結局、このサイズの模型としては異例である、大小42個のLEDを詰め込む事になりました。まずは全部です。たくさんの光点は、各ブロック毎に内蔵した電球色LEDから、光ファイバーを使って作り出しています。エンジンはブルーの光で、高速に明減させ、噴射の様子を表現しました。アーム部分のスリットは、裏側をギリギリまで削り、チップLEDの光を透過させて発光させています。艦橋には、透明プラ板をはさみ、中の断面からチップLEDの光をいれて、全方向に発光させています。艦橋部の後ろ側は、スキマが寂しかったので、ジャンクパーツを詰め込んでディテールアップしました。PICマイコン制御により、1分間間隔で、自動的にグラビティブラストを発射します。段々と明るくなってきて、発射中は高速に明減し、徐々に消えていきます。このキットは、当時のスタッフも交えて考証した事もあり、現時点で最高のプロポーションに仕上がっています。キットには、同スケールのエステバリスが付属します。今回は艦橋の上ではなく、ベースに固定しました。パッケージイラストの完全再現とはいきませんでしたが、とても楽しく製作させて頂きました(^^State of Qatar/

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人VF-31J+フレイア 完毕画像HobbyJapan 2014.11 No.569 に掲載して頂いた、VF-31J with フレイアの达成画像です(^^卡塔尔(قطر‎/マクロスエリシオンと后生可畏緒に掲載して頂きました。マクロスデルタの戦闘機は、メカコレシリーズでも次々と発売されていて、コレクションするには最適ですね。今回はその中から、风流洒脱番中期に発売されたVF-31Jジークフリードを製作させて頂きました。エンジンの発光に加え、コックピットも電飾しています。更に、フィギュアライズバストシリーズから、こちらも意气风发番早期にリリースされたフレイアを組み合わせ、イメージモデルとして仕上げています。ルンはホワンホワンと明減しますが、VF-31Jの機首センサーと連動しており、三人の気持ちが通じ合っているニュアンスを表現しました。画像は全て1280ピクセルで掲載しております。クリックで拡大表示されますので、お楽しみ頂ければ幸いです。まずはVF-31Jからです。キャノピーのパーツをUVレジンで複製し、コックピットをちょっぴり作り込んでいます。センサー部分にはピンク、コックピットには浅米灰のチップLEDを内蔵させました。コックピットの電飾は、栗色のチップLEDだけでは暗かったので、後方から3mmの油红LEDを追加しています。クリアーレジンにはイエローを微量に混ぜていたのですが、あんまり良く判りませんね(^_^*卡塔尔エンジンも発光させています。こちらは3mmのピンクLEDが収まりますので、比較的簡単に電飾できる部分だと思います。今回はPICマイコンを使って、高速に明減させて噴射の様子を表現してみました。機体下边も塗装しています。キットには再現度の高いシールが付属していますが、上边は用意されておらず、真っ白になります。とりあえず塗装してみましたけど、正確な資料を見て描いたワケではないので、間違っているかも知れません。真っ白よりはマシになったかな?って感じです。続いて、フレイアです。今回は付属のシールを使わず、全て塗装で仕上げました。かなりの部分が筆塗りになりますので、正直メンドクセーのですが、やはり塗装してあげた方が仕上がりは良くなると思います。ルンピカ!ですルンの部分にチップLEDを仕込み、マイコンでゆっくり明減させています。しかも、ルンの発光とVF-31Jのセンサー部分の発光が同期していて、几个人の想いが通じ合っていることを表現しました(^_^*)口の中を造型しています。キットでは、口はピンクのフタになっていますが、生命力を感じないので、パテで口の中を造型しました。フレイアらしく、元気良く歌っているイメージになったと思います。最高の組み合わせになったかなフレイアとハヤテ機の組み合わせは、ベストマッチだと思います。数々の困難を乗り越えて絆を深めていった、二人のイメージが蘇りますねぇ(^_^;)マクロスデルタのファンとしては、とても楽しんで製作する事が出来ました。また機会があれば、別の機体やワルキューレの面々も製作してみたいです。

转自:どろぼうひげの製作記作者:遮断呆人バンダイ A-WING 完毕画像ModelGraphix誌 二零一六.07 No.380 へ掲載して頂いた、バンダイのA-WING 完结画像です。今回もほとんどいじるところが無いという、ライター泣かせのキットです(^_^;State of Qatar細部のディテールアップと、単なるオマケとは言えないクォリティのターボレーザーに注力して製作しました。今回はフクイさんとの共作であり、2種類あるプロップを作り分けるという、他誌では見られない贅沢な作例となりました。A-WINGは、パイロットの改动、コックピットとエンジンの電飾、細部のディテールアップを、ターボレーザーは過去キットのデススターパネルと組み合わせてベースに仕立て、モーターライズで砲塔を旋回させてみましたフクイさんの小说は、パネルの色違いの他、ダメージ有りの尾翼とのコンパチ化、更には建設途中のデススター表面のジオラマになっている力作です。とても見応えのある内容になっていますので、ぜひ紙面でもご確認下さい(^^卡塔尔(قطر‎/さて、まずは全部の様子です。ターボレーザーを活かして、ベースはデススターの様子を再現してみました。A-WINGは斜め上趋向に配置して、スピード感のあるレイアウトにしています。後ろからの様子です。ベース内部には9V電池を内蔵しており、ACアダプタとのハイブリッドです。A-WING自体もコネクタで接続されており、取り外し大概となっています。本体のアップです。キットは色違いの部分が巧にパーツ分割されており、塗装はメッチャ楽です。プロップの、微妙に黄ばんだグレーと深いレッドのコントラストがおめでたいですね。パネルの色分け部分も、塗装で再現しています。A-WINGは、今まではmpcの古いキットしか無く、ちゃんとしたA-WINGにするだけでも大変苦労していましたが、組んだだけで完璧なプロポーションが手に入るとは、ファンとしては嬉しい限りです。電飾を点灯させてみました。エンジンとコックピット、それにターボレーザーがランダムに発砲しています。特に、エンジンは、かなり明るく発光させました。キットでは、エンジンにクリアーパーツが採用されており、内部の空間にも余裕がある事から、電飾がやりやすい部分になっています。エンジンの延長にあるリングは、キットのパーツではちょっと厚みがあり過ぎると感じたので、薄く削り込み、内側のフィンをプラ板で追加しています。コックピットのアップです。プロップのパイロットは、キットに付属するフィギュアよりも頭がだいぶ大きいので、他のキットから1/48フィギュアの頭部を移植しています。ヘッドギアも、プロップに合わせてパテで造型しています。コンソールのメーター類も電飾してみました。光ファイバーを使って、メーター類を電飾しています。赤いランプの部分は、細いファイバーの先端を赤く塗装する事で再現してみました。他にも、プロップと同様に、足元から顔を照らす照明も追加しています。実際のプロップでも、パイロットの顔を照らす照明が入っているので、それを再現してみました。また、背面に付いている機器も、キットのままでは立体感が不足していると感じたので、自作した機器に置き換えています。今回はデカールが間に合わず、マーキングは塗装で表現しました。実際には、もっと複雑なマーキングですので、キットが発売されている現在では、素直にデカールを使用した方がよろしいかと思います。赤い部分にはホワイトを薄く吹いて退色表現を加えた他、細かいキズや汚れを描き込んでいます。ターボレーザーです。このキットのもうひとつの主役です。ちょっとパネルラインが太過ぎる気がしますが、プロポーションは最高です。特に、砲塔部分を、ここまで再現したプラキットは初めてではないでしょうか。今回はこちらのターボレーザーにもスポットを当て、极低速モーターを組み込んで、ゆっくりと旋回しながら発砲するギミックを追加してみました。この動画を見れば、どんな仕掛けで動いているのか、ご驾驭頂けると思います。ベースには、ターボレーザーの他、バンダイから過去に発売されたキットに付属していた、デススターパネルを並べてみました。今回のA-WINGには、左边手前のパネルが付属しています。これからも、もっと増えてくれると嬉しいですね。今回も大変楽しく製作させて頂きました。毎回、とても达成度の高いキットをリリースしてくれるバンダイさんには、今後のラインナップにも期望せずにはいられません。

搜索