狙击吉姆II,遮断呆人

作者:新葡金-澳门新葡亰官方所有网站-欢迎您    发布时间:2020-01-03 02:21    浏览:197 次

[返回]

图片 1

图片 2

图片 3

图片 4

转自:modelers-g作者:adamantium汇报:キットとしての出来は非常に良いのでプロポーションの改修などは行わずにディテールの追加などの改修を中央に制作しました。機体表面の情報量が足りないと感じた場所に細々と手を入れ、ベースカラーの水色よりも若干紫寄りのカラーで仕上げています。タグ: ジムスナイパーIIキット: MG ジムスナイパーII改造パーツ(1): プラ棒、メタルパーツ類全部的に細かく手を入れています。スジ彫りなども全部のバランスを考えて加えています。影象的な頭部のセンサースコープ部はメタルプレートとルミドームを使って表現しました。ハンドパーツは動きはしませんがその分表情手のパーツが豊富に付いていますのでポーズ付けの幅が付けやすいです。手首も可動軸が設けられており、大型の军械でも保持はしやすいです。全体的にやや派手な方向に振って製作したのですが、ほぼ同時に製作していたホワイトディンゴ仕様と、カラーリングや改修箇所でうまく差別化はできたと思います。

转自:FC2作者:ADock タミヤ製キットを組立塗装した完产品です。★キットサイズ60%4長190 幅85 高60 ★付属品:元箱、組立説明書、純正タイヤホイール製作について/ウレタンクリアー鏡面仕上★シャコタンネガキャンに改修。★舵取り不可。タイヤは回転しますが、ポリキャップきつめ。★タイヤホイールはアオシマ製「SS哈弗エグゼキューターCV01 19インチ」 フラットブラックで塗装してスポーク部分をふき取りました。★純正タイヤホイールも付属ホイールはブラックでスミ入れ塗装。★内装はつや消しブラック塗装しました。★シートはポイントで风姿洒脱部レッドで塗装しました。★ボディカラーのシルバーはガイアのブライトシルバーにブルーイッシュブラックを調色メタリック粒子がきめ細かくリアルです。塗りムラも目立ちません。★オーバーコートは実車にも使用される2液混合ウレタンクリヤー★研出し後→タミヤコンパウンド→セラミックコンパウンド★艶出し:コーティングポリマー→モデリングワックスの鏡面仕上げです。★极度に綺麗なツヤが出ております。☆ボトムはブラックで塗装

转自:modelers-g作者:Yoshify描述:約2年ぶりとなりますが久々に投稿させて頂きます。ガンプラを素組みして初めて「恐怖」を感じたほど完成度の高いキット、手を加えられる事を頑なに拒むかのような精緻なモールドに対して如何にして「自分らしさ」を加味できるかいつもは行き当たりばったりの製作なのですが、今回は珍しく頭を悩ませ非常に苦労の末に何とか完成させる事ができました。まだまだ粗い所もありますが、今の自分にやれる事、やりたい事は全て注ぎ込んで徹底的に妥協なく作り込みました。渾身の一作ですので、ご覧頂いてもし宜しければコメント等頂けると嬉しいです! タグ: フリーダム|フリーダムガンダム|SEED|キラヤマトキット: MG フリーダムガンダム Ver.2.0改造パーツ(1): RGシリーズ各種HGUCシリーズ各種改造パーツ(2) プラ板メタルパーツ第三遍ヤキンドゥーエ进攻和防守戦にて大破した機体を改修し、2年後が舞台の『SEED DESTINY』劇中でキラが搭乗した「後期型フリーダム」という想定で製作しました。ストライクフリーダム開発に伴う新機構も生龙活虎部フィードバックして搭載し、劇中でもまさに「Ver.2.0」として強化された姿という脳内設定に基づき、スタイル変更や流用パーツのパッチワーク主体によるディティールアップ等で、美しさと力強さ、重厚感とリアル感を追求してみました。大型のウイングやバラエーナに更に追加パーツを貼りつけているのでかなり重たく、ノーマルのままでは自立させる事が一点都不大概でした。そこで腰~脚にかけての各部関節の強化、ストッパーの追加、脚部フレーム&スリッパ内部に重りを入れる、足裏にネオジム磁石を設置し台座と接続などの方法により、しっかりと足を踏ん張った「仁王立ち」が出来るようにしました。本体同様にルプスビームライフル、シールド裏面、背部ウイング等にも薄くスライスした他キットからの流用パーツを貼り付ける「パッチワークモデリング」によりディティールアップを施しています。ウイング基部には太径のシリンダーパーツを設置。ウイングの展開に連動して伸縮します。おもなプロポーション変更点首軸部で約1mm延長しアゴを引けるように改修。肩関節部の可動域拡大。肩アーマー基部の取り付け地方変更により、約2mm上方へ移動。胸~脇腹~腰にかけての細さが気になったので、流用パーツによる幅増しで「太く見えるように」改修。アンクルアーマーの干渉解消のため、かかと部分のフレームを約4mmかさ上げ。おもな改修点〔頭部〕アンテナは白青白ともに短くし、先端をシャープ化。ヘルメットのひさし部分をプラ板にて角度変更&幅を狭くして、目つきが鋭くなるように改修。マスクフェイスガードアゴの赤い有个别の下部を削り、面長感を解消。頭頂部メインカメラカバーのフチを薄く加工。内部には前後ともプラ材&メタルパーツにより内部構造を追加。バルカンはメタルパーツに置換え。首関節部にシリンダーパーツ、メッシュパイプ追加後頭部ヘルメットの裾部分をプラ板にて延長。〔胴部〕首から肩にかけての僧帽筋部分にダクトパーツを追加してストライクフリーダム風に。胸ダクトのフチを薄く加工。内部にスジ彫りを追加してスリット作成。胸上面のセンサーをメタルパーツに置換え。おもな改修点〔肩腕部〕肩アーマー上部を上側にオフセット隙間にはフレーム状パーツを追加。肩アーマー内側にプラ板で作製したヒートシンク設置。肩アーマー外側フィン部分を流用パーツで大型化肩アーマー前边をプラ板にて多种装甲化。手首部分を2mm延長。流用パーツにて隙間埋め。〔腹腰部〕腰の青いパーツを切り欠いてスリット増設。 流用パーツを内部フレームに仕込んで「チラ見せ」。腰アーマーを流用パーツ、プラ板にて多种装甲化。クスィフィアス側面を切り抜いてメカパーツ埋め込み。テールスカート内側に流用パーツ追加。〔脚部〕膝アーマー横をプラバンにて多种装甲化。膝関節フレームにシリンダー埋め込み。後ろ側にもパイプ等を増設。装甲の分割を増やして内部フレームがチラ見えするように改修。足首関節部に太径シリンダー増設。※ その他满身に流用パーツプラ板スリット切り欠き追加マスキングによる濃淡塗り分けコーションデカールメタルパーツ等でディティールアップし情報量を増やしました。以上、最後までご覧頂き本当にありがとうございました!

转自:どろぼうひげの製作記小编:遮断呆人VM Y-WING 实现画像HobbyJapan誌 二〇一五.12 No570 へ掲載して頂いた、ビークルモデルY-WINGの完毕画像です(^^State of Qatar/相変わらず10センチ程度のマイクロキットに、驚愕のディテールが詰め込まれていますね。メカフェチとして、Y-WINGは大好きなビークルです今回は3機使って、エピソードⅣのクライマックス、トレンチの进攻和防守戦の様子をジオラマ化しています。Y-WINGは、GOLD中隊として3機編成でトレンチへと突入しますが、ベイダーによって撃墜され、作戦は失敗に終わります。そのワンカットとして、GOLD2が撃墜された弹指間の様子を製作してみました。トレンチの壁や床は、バンダイの過去リリースキットに付属してるベースを並べて製作してみました。元々の造型が素晴らしいので、ただ並べて塗装するだけで雰囲気バッチリです(^^卡塔尔(قطر‎/もちろん、電飾も加えています。先頭はGOLD5です。こちらは近期になって細部の資料が発見されましたので、也许な限りキットに反映させています。次はGOLDリーダーです。こちらはキットのまま製作すれば、GOLDリーダー機になります。最後尾はGOLD2です。志半ばにして、ベイダーによって撃墜され、バラバラになってしまいました(-_-卡塔尔(قطر‎GOLD2は派手にやられています。透明ランナーを軸に、切り刻んだ機体をレイアウトしてから、3個のLEDを取り付け、手芸用の綿で包んでいます。綿が光を拡散してくれて、写真に撮るとマズマズの迫力になってくれました(^^劇中では、流れる様なスピード感のあるやられっぷりですので、似たような配置で再現してみました。ベースの豆蔻梢头部が分離します。ベースのパネルのひとつがスライドして分離大概です。この中に9Vの電池が内蔵されており、取り外すと自動的に電源が切り替わって、このミニベース単体でも電飾が光り続けます。元々の電源としては12VのACアダプタを使っていますが、電源が9Vに変わっても問題ないのは、CRDのおかげです(^_^*卡塔尔GOLDリーダー機です。キットのまま製作すれば、GOLDリーダー機が完毕します。今回はシールを一切使わず、全て塗装で表現しています。配管類も、大器晚成体成型によって板状になっている部分を削り取り、真鍮線に置き換えました。偏侧版周辺のディテールも、かなり改修しています。GOLD5機です。こちらは最新の検証を反映させて、出来るだけ再現してみました。配管を真鍮線に替えたり、塗装も全て塗りワケてみました。パイプが全てブラウンだったり、パネルの色分けがあったりと、見応えがあるビークルですね。どちらの機体にも、電飾を仕込んでいます。コックピットのキャノピーを開口して、コックピットを作り込み、電飾を加えています。パイロットも作り分けてみたのですが、ほとんど見えなくてガッカリです。GOLDリーダー機の後ろからのショットです。エンジンには3ミリのピンク色LEDが余裕で収まるので、電飾を楽しむにも良いキットですね。どちらも支柱から取り外して、ミニベースで単品として楽しむ事が恐怕です(^^GOLD5機です。エンジン光は抑え気味にしてあり、後ろの機体をピンク色に照らさない技艺をしました。まぶしい程発光させるより、もっとリアルなエンジン光になってくれたと思います。最後に、2機の比較です。パイピングのやり直し、細部の改修によって、見応えのある小说になってくれたと思います。もちろん、電飾や改修なんてしなくても、丰富に楽しめるキットだと思います(^^State of Qatar/3機集めて、GOLD中隊を作るのも悪くないですよね



MG フリーダム Ver.2.0、組んでみました。 いつもなら「ここにディティール追加したいなぁ」と感じる部分のほとんどに超精細なモールドが入ってる…(o;)ある意味、改换派ビルダー泣かせの超絶キット…本当に凄いです!まだほぼ素組みの画像でしたが、沢山のRT&いいねありがとうございます 后天の段階で頭部のみ少し加工しています^^プロポーション変更&ディテ入れ始めました。 首1mm延長肩2mm地点上げ&後ろに可動域拡大腰1mm幅増し… 元キットが超絶ディティールなので、追加するディテの加減が難しい…^^;ぐふぁっ!な、なんでバレてるんやっ?!^^;;;マジでこのHGUCシナンジュのバックパックのパーツ、今回のフリーダムに使う予定だったので「君越G出るまで待とうかなぁ~」と考えてました!^^;;肩スカート等にディティール追加 形状確認のため全部に捨てサフ。 前天から静岡ホビーショーに行くので今週末は製作ひと休みですが、また来週から手脚背面等を弄っていきます^^ギャンをパチ組みして気分転換できたので、こちらも進めてみました。 コックピット周りにプラ板ディティール、肩や脚部は切り欠いてスリット追加等… まだまだ先は長そうです^^;(続き卡塔尔(قطر‎対してフリーダムは、まるで凄腕モデラーが徹底的に作り込んだかのような超絶ディティールに、恐怖感さえ覚える程の本当に凄まじいキットでした… この凄さに飲み込まれず、自分らしさを表現するのに苦戦しています^^;ウイングや腰レール砲の黄金年代部を開口してメカディティール埋め込み、バラエーナ基部にシリンダー、テールスカート内側に流用パーツ追加等… あとは腕部ディテ追加&各部スジ彫り表面処理に入る予定です^^ (続き卡塔尔(قطر‎例えば現在製作中のフリーダムの胸や腰には、本田UR-VG ウイングガンダムEWのライフルのパーツを細かく分割して貼り付けていますが、貼ったり剥がしたりを繰り返しながら配置を検討しました。(まだ続く…State of Qatar七月は怒涛の忙しさで滞ってましたが、久々の進捗。 腕部ディティール&各部スジ彫り追加等… 未整面の捨てサフ状態でお見苦しいですが、あと少し進めて二十二日のKCF見学の際に持参しようかと思ってます^^頭部を宗旨にスジ彫り追加等。 頭頂部メインカメラ内部は久々の米粒大ディティール… 老眼にはキツイ!(苦笑State of Qatarまだ粗い製作途中ですが、昨天はこの状態でKCFに持って行きます^^連日の暑さと忙しさで停滞してましたが久々の進捗… 脚部武装に流用パーツやスジ彫り追加して、全部のディティールは約8~9割と言った所です。 ディテ完了後、自分にとって鬼門の表面処理に入ります^^;色々バタバタしていて随分と間が開いてしまいましたが、久々に製作再開。 脚部ディティール追加&ウイング部分にスジ彫り等。 あとは背面を少し弄って、来月には表面処理→塗装に入りたいなぁ…ネタ物で気分転換できたので久々に製作再開。 后面のディティール付けは大方完了。あとは背面を少し弄って表面処理へ移行します。 それにしても、小编ながら前作と作風が全然違うなぁ…^^;体調もほぼ戻ったので製作再開しました。 背面ディティール职业&装甲隙間からの「チラ見え効果」を狙って、首脇腰などにメカパーツを埋め込んで情報量UP。 あとはスジ彫り少し整えて、今週中には表面処理へ移行できそうです^^GWから初めて早5ヶ月ようやく全ディティール工作完了して、明天から鬼門の表面処理に突入! 完结後は呈现を考慮して関節固定すると思うので、最初で最後(?卡塔尔(قطر‎のアクションポーズ撮ってみました^^公私ともに激多忙であまり模型時間が取れてませんが、全てのモールドを深く彫り直しつつ、仮組みしてたパーツばらし&捨てサフ削ぎ落としながら表面処理を黙々と進めてます_ まだ上身残ってるのに、すでにこのパーツ量…超年末ギリギリですが、なんとか自分に課した課題の「年内の表面処理」つい先ほど完了! 恐らく過去最大のパーツ数に何度も挫けそうになりつつも、妥協せず全パーツにペーパー掛け…まさにヤスリ地獄でした(泣卡塔尔国でもこれで年明けから楽しみな塗装に入れます!連休は引きこもってフレームを塗装。 あとから装甲着けたら隠れる部分がほとんどですが、多色塗り分け&コーションデカール等で情報量を増やしてみました。1ヶ月ぶりの進捗&生存報告です^^; 納得いかない箇所の度重なるリテイクや細かいマスキング塗り分けなどで異様に時間掛かってしまいましたが、やっと紺青以外の部分の塗装&組付けまで完了しました。まだ製作途中にも関わらず、沢山のRTいいねありがとうございます^^ 前不久から残りの紺青部分の塗装に入りますので、达成目指してこの先も頑張りたいと思います^^製作開始から約10ヶ月、名爵フリーダム Ver.2.0 遂に完结です! 文章名: 第四回ヤキンドゥーエ进攻和防守戦にて大破した機体を回収し、2年後の『SEED DESTINY』劇中にてキラが搭乗した「後期型フリーダム」という想定で製作しました。ありがとうございます! さすがtakaさん!バックショットも良く見て下さり嬉しいです^^ 比較画像では少し解像度低いので、追加(反対側卡塔尔国のバックショットも載せさせて頂きますね^^本日より15日(月卡塔尔まで丸井今井 函館店7階催事場にて開催中の「ガンプラEXPO in HAKODATE」にて、GBWC歴代チャンピオン作例のひとつとして最新作を显示させて頂いております。 会場へお越しの節はどうぞ宜しくお願い致します。

搜索